株式投資が多くの人に浸透してきている中、FXという取引方法も注目を集めています。果たしてどちらが稼ぐのに向いているのでしょうか?

  • ホーム
  • ニュースキンなどの外国株を買う時は違反に注意しよう

ニュースキンなどの外国株を買う時は違反に注意しよう

株式の配当金などはそのまま全額自分の利益になるわけではなく実は税金が掛かります。
現在は復興特別所得税を除きまして20%ですので特に少ない資金で楽しんでいる人には大きな額です。
そこで有利なのが少額投資非課税制度NISAでして、これを用いますと配当金などが非課税にできとても得です。
しかしこのNISAという制度は年間120万円までという額に限って特別に非課税を認めるものですので、1人1口座のみという決まりがありまして、この人が本当に1口座だけなのか開設時にチェックをしなくてはいけません。

そこで申込書類を提出された証券会社は税務署へ申請して確認を要請します。
税務署は非課税に該当できると確認しましたら確認書を証券会社に交付するのですが、もしこの際に例えば夫が妻の名前で実は勝手に口座を開設していたことが万が一あとでわかったとしますと、重複口座で要件違反ということになります。
本来は非課税にはできない分を非課税に逃れていたわけですから、前にさかのぼっての納税を証券会社から請求されることになりますので、このようなことがないように十分注意するべきです。

さてこのNISAでは買える商品が限られているようなイメージがありますが、実際には例えば外国株なども買えます。
例えばニュースキンは日本で知名度はありますが実際は外国市場に上場している外国のものですので、外国株として買います。
外国株は扱っている証券会社が限られていますので注意していかなくてはいけません。
初めにNISAの口座を開く時点で自分が考えている金融商品の中にもし外国株があるのでしたら、この証券会社では扱いがあるのかをまず確認するのが不可欠です。
また証券会社によりまして手数料の額や手続き方法に違いがありますので、こういった面も事前におさえておくことが必要です。

関連記事